美と健康~アラサーから綺麗を磨く~

30歳を過ぎてからでも綺麗で健康な身体をつくるための実践している方法やお役立ち情報を発信します。

スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

血行不良くすみを解消する方法

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

朝起きて鏡を見て、いつもより肌がくすんでいると感じることがありませんか?
寒くなってからそう感じることが多いという人は血行不良が原因かもしれません。

そこで、今回は冬に多い血行不良くすみを解消する方法を紹介したいと思います。


毎日入浴する
冬は自分で想像している以上に体が冷え切っていることがあります。
その冷えを翌日に持ち越さないことがくすみを解消するポイントに。
忙しくても毎日湯船につかることを心がけましょう。
血行や代謝が促進され、血行不良くすみを予防・解消する効果が期待できます。


体を動かす
血行不良くすみを解消するにはできるだけ体を動かし、全身の血行を促進することも大切。
できれば毎日30分程度のエクササイズを習慣にするのが効果的です。

それが難しい人は自宅でのくつろぎタイムにストレッチを行う、
日頃からよく歩くことなど日常生活の中で常に心がけて体をよく動かしましょう。


体を冷やさない
体を冷やすと血行が悪くなってしまうため、冷たい飲み物や食べ物はできるだけ控えて、
薄着しないなど体を冷やさないよう注意しましょう。

また、生姜やとうがらしなど体を温める効果のある食材を積極的にとり入れることも効果的です。


質のいい睡眠をとる

忘年会シーズンはついつい就寝時刻が遅くなりがち。
しかも、アルコールを多く摂取すると眠りが浅くなるなどして睡眠不足に陥ることも多いでしょう。
そんなシーズンこそ胃腸や肝臓を休める日を積極的に設け、質のいい睡眠をとることを心がけましょう。


蒸しタオルなどで顔を温める

顔そのもののくすみを解消するには、温めることが効果的。
蒸しタオルやスチーマーなどをあて血行を促進しましょう。


顔や頭皮、首、肩などをマッサージする

顔のくすみは顔のみで対処しがちですが、顔と繋がっている頭皮や首、
そして肩などをマッサージし血行を促進させるとより高い効果が期待できます。

ただし、顔をマッサージする時には力加減に注意が必要です。
必ずクリームやオイルなど指の滑りがよくなるアイテムをつけ、
優しく老廃物をこめかみや耳のつけね、デコルテなどに流し込むイメージで優しくマッサージしましょう。


このようなケアを心がけてもくすみが解消できない時は、
角質が溜まっている、乾燥している、体調が悪いといったことも考えられます。
肌や体の声に耳を傾け、その時に必要なケアを行うよう心がけましょう。
スポンサーサイト


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/12/26 20:01 ] エイジングケア | TB(-) | CM(0)

キレイな人が午前中にやってること

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

朝おきて、準備をして、学校や会社に行ったらもうお昼。
それではせっかくキレイになれるチャンスをみすみす逃しているかもしれませんよ。


キレイな人がキレイな理由は午前中の過ごし方にあったのです。
今回はキレイな人が午前中にやってることについてご紹介します。


徒歩5分くらいのスーパーまでヨーグルトを買いに行く
幸せホルモンとして知られるセロトニンを増やすことで、
体調も整いますし乱れた自律神経も整えることが出来ます。

そんなセロトニンを増やすためには、太陽の光を浴びましょう。
オススメは起床後30分に外に出ること。
そしてこの太陽の光は1分程度浴びたではダメで、10分程度は外にいましょう。

そのためウォーキングするのがおすすめです。
シャワーをサッと浴びたら、日焼け止めを塗って出かけましょう。
音楽を聞きながらリズムにのって歩くのもいいです。

朝食に食べるヨーグルトを買いに行くのも良いですね


朝こそフェイスパックと肩にはホットタオル
メイクをする前の肌の調子は最高にしておきたいので、朝こそフェイスパックを取り入れましょう。
朝はどうしても顔がこわばっているものです。
フェイスパックを5分するだけで、メイクのりが普段とは大きく変わると思います。
しっかり保湿することで、メイクの持ちも長くなります。

また顔に5分パックをしている間に、ホットタオルを肩にかけておくのも良いです。
血行が良くなると肌の調子も良くなります。
肩こりの解消にもなりますので、
なんだか「何だか寝ても疲れが取れなかった」という方にもおすすめです。
肩がフッと軽くなりますよ。


メイクはしっかり肌とメイクグッズを見ながら
忙しくバタバタした朝には鏡もろくにみず、
ただ化粧品を重ねているだけ…という方も多いのでは?

しかしキレイな人はしっかり毎日の自分の肌を把握しています。
今日は少し赤みがあるから、ベースカラーは薄めにしよう、
などその日のコンディションによってメイクを変えているのです。

またメイクグッズは広げてメイクをしましょう。
ポーチから出して使っていては、結局いつも同じものばかり使用し、メイクがマンネリ化してしまいます。
普段と違ったメイクを楽しむことで、いつもと違う自分になれるものです。


仕事中はデスクの下でこっそりストレッチ
キレイな人は仕事中でも美を意識しているようです。

1日中デスクワークだと、どうしても足もむくんでしまいます。
夕方靴が履けないようなパンパン足にしないためにも、
足首を回したり、ふくらはぎを張ったりゆるめたりしてみましょう。
少し足を動かすだけでも大分むくみ予防になりますよ。

またこっそり靴を脱いで、足の指を閉じたり開いたりしてみましょう。
足指の血行も良くなりますし、外反母趾の予防にもなるんだとか。
パンプスやハイヒールで締め付けられている足にはありがたいです。


午前中、少しでも美容に時間を割くことができればキレイになれちゃいます。
しかし、これらをやるには余裕を持って朝の時間を取らなくてはいけません。
簡単にはキレイになれませんね。

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/10/08 20:11 ] エイジングケア | TB(-) | CM(0)

15歳以上若く見られる人の食習慣

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

女性のみなさん、
15歳以上若く見られる人の食習慣は必見です。


友達同士に見られるお母さんと娘さんが最近では増えてきています。

驚くほど若く見える美魔女と、年齢の割には老けて見える人。
この2つを分けているのは一体なんなのでしょうか。

実は毎日の食事が大きな差になって現れている可能性があります。

食生活をひと工夫するだけで、気になるシワもなくなっちゃうかもしれません。


■食習慣と「見た目年齢」
100人の写真を見せ、見た目の年齢を予想してもらう調査をしたところ、
いちばん若く見えた人は、実年齢より15歳も若く見られ、老けて見えた人は10歳も上に見られましたそうです。

調査では、写真の人物の食習慣や生活習慣などを聞き、見た目の年齢との関係を調べました。

すると、特定の食べものが見た目年齢に影響していることがわかったのです。


■若く見られる人の食習慣
・シワ予防のため
実年齢よりも5歳以上若く見られた人は、シワ予防のため砂糖を控えていたことがわかりました。

砂糖の摂りすぎはお肌によくないといわれています。

砂糖を多く摂取すると、老化が促進されてしまう物質が細胞でつくられます。

いつまでもシワのないお肌を保ちたいなら、砂糖たっぷりのお菓子は控えたほうがよさそうです。

・潤いのある肌のために
水分をたくさん摂ると、肌にうるおいが与えられ、血液の循環が促されます。

しかしカフェインは利尿効果があるため、体内の水分が奪われやすいです。

気分転換にはいいのですが、日常的な水分補給には、ノンカフェインの飲みものがオススメです。

・健康のために
意外なことに、アルコールは見た目年齢にはさほど影響しないことがわかっています。

「酒は百薬の長」ともいわれているように、健康には悪くないようです。

ただし、量次第。

毎晩大量に飲んでいては体に悪いので、お酒は適量を楽しみましょう。

・乾燥肌対策のために
見た目年齢が低かった人の多くは、
週に1回以上青魚を食べていたことがわかりました。

サンマやサバなどの青魚にはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。

これはお肌にいいばかりでなく、からだにさまざまな効果をもたらしてくれます。

お肌の乾燥が気になる人は青魚がオススメなのだそう。

青魚をたくさん食べるようにすると、数週間ほどで乾燥が改善されてくるようです。

青魚が苦手な人はサプリでも十分、乾燥が気になる人は試す価値アリです。


見た目年齢は、ちょっと気をつけるだけで改善できることばかりです。
気にしすぎもストレスとなりよくありませんが、気になる人はできることから試してみては?

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/09/18 20:27 ] エイジングケア | TB(-) | CM(0)

ほうれい線の原因と解消法

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

ほうれい線は加齢だけで起こるものではありません。

様々な理由で起こり、最近では20代の方でもほうれい線に悩む人が増えてきています。

ほうれい線ができてしまうと、今までとは違って格段に老けて見られます。

20代でも悩みを抱える人が増えているほうれい線の原因と解消法を紹介します。



ほうれい線の原因
20代の方でもほうれい線ができてしまう原因は!

・紫外線による肌の老化
まずは紫外線ですが、紫外線に当たることで肌の老化が促進されてしまいます。

紫外線は外的要因で、自分だけの努力で減らすことはできません。

そのため、紫外線対策をしっかりと施すことが、これらの影響を少なくする対策と言えるでしょう。

夏の紫外線対策も大切なのですが、紫外線が増えてくる時期のピークは実は5月です。
春先からしっかりと対策を行っておく必要があるのです。

・食生活の変化
食生活が欧米化に近づいているために、
今までは見られなかったアレルギーやアトピー性皮膚炎などの病状が若年層に増えてきています。

食べやすくおいしいことを優先した食生活になっているために、
栄養の偏りや良質のたんぱく質の摂取不足が起こっています。

また、硬い食べ物を食べないようになってきているために、
口まわりの筋肉を使わなくなり、たるみが起こりやすくなっているのです。

・慢性の運動不足
自動車の多用やエスカレーターなどの使用により、運動不足に陥っています。

運動不足は体内の血行不良を促し、老廃物がたまり、むくみの原因になります。

また長時間のデスクワークは、ストレスを引き起こすのはもちろんのこと、
体中のさまざまな場所の凝りや血行不良も招いてしまうのです。

・猫背の増加
パソコンによるデスクワークの時間が増えたため、
楽な姿勢をとろうと腰の力を抜き、顔を前に出してしまいがちです。
この姿勢が続くことにより、普段の生活でも猫背になっていきます。

猫背の姿勢は顔を下に引っ張りますので、顔のたるみを助長しほうれい線をできやすくしてしまいます。

しかも、使われなくなった筋肉は退化していきますので、
ますます楽な姿勢をとるために猫背になっていくという悪循環が生まれます。


ほうれい線予防の対策
まずは、普段の生活を見直してみてください。
前記のようなほうれい線ができやすい生活をしていないでしょうか。

もし現在の自分の顔にほうれい線ができつつある危険性を感じているのでしたら、
ほうれい線ができるような生活をしていないか振り返ってみてください。
そして、まずそれを解消しましょう。

・食生活の改善
肌の保水力を守るためにもたんぱく質をしっかりと摂取して、
肌のターンオーバーを正常に整えるようにしましょう。

魚介類には良質のたんぱく質とアルファ・リノレン酸が含まれています。
欧米型の食生活でたんぱく質の摂取が肉ばかりになっている場合は特に注意して摂取しましょう。

また、発酵食品は古来から日本人の健康を支えてきた食材です。
ねばねばヌルヌルの納豆や漬物、塩辛、味噌なども食べるようにしましょう。

硬いものも積極的に噛むようにし、噛むことによる満腹感を得られるようにして食事を摂ってください。

・運動不足解消
これまでほとんど運動をしていなかった場合、
突然激しい運動を始めるのは大変なだけでなく、突発的な病気や事故を招く危険があります。

まずは駅の階段の上り下りなど簡単にできることから始めて、運動不足を解消してください。

ウォーキングで一駅歩くことや、デスクワークの合間に肩や首を回して血行を良くするのも効果的です。

・猫背の改善
長時間パソコンで作業しなければならない時は、
椅子の腰の部分にクッションなどをあてて、正しい姿勢を保つように工夫しましょう。

オフィスでも仕事の合間にできる運動を取り入れて、肩が凝らないようにします。

背筋を真っ直ぐにして肩甲骨を寄せたり、うんと伸ばしたりして、
肩の凝りを解消し猫背にならないようにしてください。


また、以前にも紹介した「ほうれい線を目立たなくする体操」もオススメです。
顔の筋肉はなかなか鍛えることがないので効果がありますよ。

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/09/17 20:21 ] エイジングケア | TB(-) | CM(0)

空腹こそが「若さ」を保つ

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

いつも満腹になるまで食べてたら、
老けるの早くなるかもしれません!



いきなりこんなこと言われても信用できませんよね。

でも、見た目年齢にはヒミツがありそう なんです。
同じくらいの年齢で同じくらいケアはしているはずなのに、
あの人って見た目「若い」、なんで違うのか気になりますよね。

同じことをしているのに「見た目年齢」に差があるのはなぜなのか、
この違いは「細胞の老化度合い」がもたらしていると考えられます。
おいしいものをたくさん食べた後に訪れる満腹状態。
そんな至福の時間が、あなたの若々しさを奪う原因になっているかもしれないのです。
食事の量と、若さは連動しているんじゃないか?という説があるそうです。


いつも満腹状態まで食べてると老けやすい!?
もう食べれない!までいったら
「活性酸素」が増えすぎて、「消化酵素」減りすぎるそうです。
活性酸素は、人間の細胞の遺伝子にダメージを与えていき、老化と病気を引き起こすものです。
満腹になると、活性酸素が大量に分泌されてしまい、
また食べ物を消化するためにはたらく「消化酵素」を大量に消費します。

逆に空腹感が、若さを保つ
空腹で、若さに関する遺伝子がONになります。
普段は眠っているが、空腹で活性化するサーチュイン遺伝子の酵素は、
細胞の老化を防ぐ働きをするそうです。
サーチュイン遺伝子は、空腹の状態、つまり摂取カロリーが減ると活性化します。

空腹は食べろという意味だけじゃない
「空腹感」と「空腹」は別のものです。
「空腹感」は、もう食べる必要なくても血糖値が下がれば自動的に起こるものです。
空腹を感じはじめるタイミングやその強さは、その遺伝子の影響を受けています。
身体は、血糖値が下がると空腹を感じます。
血糖値が上がれば空腹感が収まるが、食べる以外にも血糖値を上げる方法があります。
その場で20回約10秒間走るように足踏みをするだけで、
アドレナリンが分泌され血糖値が上昇し空腹感が消えます。


老化防止に効果的な「ちょうどいい食べ方」は?
食事は『腹7分目』で止めること
色んなものを適量でまんべんなく食べるといいそうです。
目安としては、食べる量を『腹7分目』に抑えておくことです。
ただし、カロリーは抑えても、栄養素はきちんと摂取することが大事です。

空腹の時間をつくること
断食なんかしなくても、寝る前に「食べない」クセつけをするといいです。
睡眠中は腸の動きが活発なので、できれば夕食から朝食の間を8時間以上空けるのが効果的。

ちゃんと寝ること
ちゃんと寝ると、細胞を修復しながら自然と食べすぎも抑えてくれるそう。
十分な睡眠がとれていないと空腹ホルモン“グレリン”が急上昇し、食べすぎを招きます。
睡眠が十分だと満腹ホルモン“レプチン”が分泌され、
これ以上食べる必要はないというシグナルが出されて過食を防ぎます。

脂肪分(脂質)を減らすこと
ご飯などの炭水化物(糖質)の量を減らすよりも、脂肪分(脂質)を減らすほうが効果的で、
高カロリーの肉類や揚げ物類の多いメニューを続けて食べないことを心掛けましょう。

抗酸化作用のある食べ物を食べる
活性酸素をに対抗してくれるビタミンを補給してましょう。
活性酸素をためないよう抗酸化作用のあるビタミンCなどをとるのが良いです。

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/08/29 20:13 ] エイジングケア | TB(-) | CM(0)

アラフォー女性は注意して下さい

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

エイジングケアをキチンとしていますか?

エイジングケアと言うと、スキンケアや抗酸化などが思い浮かぶと思います。
その他にも、臭いのケアがあります。
いわゆる加齢臭です。

別名“オヤジ臭”の呼び名から、中年男性ならではというイメージが強い加齢臭ですが、
歳を重ねることで女性にも至極当然に現れる老化現象のひとつです。
男女共に40代から発生すると言われていますが、
女性はホルモンバランスが乱れやすくなる30代半ば頃から、
カラダのニオイケアに注意が必要だそうです。



【なぜアラフォーの女性が?】
ろうそくやチーズ、古本の臭いに似ていると表現される加齢臭は、皮脂が酸化することで発生します。
汗腺が多い部位や肌同士が常に触れ合う部分から出やすく、
特に耳の裏や脇の下、陰部まわりが臭いやすいと言われています。

加齢臭が分泌されるメカニズムは男女共通です。
女性の加齢臭の原因は、ホルモンバランスの乱れが大きくかかわっています。
女性ホルモンは減少が加速する35歳頃から乱れやすくなり、
それによって体が酸化しやすくなってしまうようです。
女性ホルモンには体の臭いを抑える働きがあるため、若い時は男性に比べて臭いを感じにくいです。
30代後半からはその力がなくなるので、女性もニオイケアに意識しましょう。

加工食品といった添加物の多い食事や睡眠不足、
無理なダイエットや不規強調文則な生活をはじめ、過度なストレスもホルモンバランスの乱れになると言います。
日頃からホルモンバランスを整える生活を意識してみてください。


【ルモンバランスを整える4つのポイント】
自分の生理周期を知る
生理周期のバラつきは、ホルモンバランスが乱れているサイン。
生理の開始日と終了日のチェックはもちろん、毎日基礎体温をメモしておけば、
自分のカラダをもっとよく知ることができます。

カラダを酸化させない食生活
ビタミンE、A、Cなどの抗酸化力のある食材を積極的に摂るようにしましょう。
また、脂っこい食事をした次の日は野菜を多く摂るなど、メリハリのある食生活を心がけてみて!

太りすぎず、痩せすぎない
女性ホルモンのバランスが良いのは、ほどよく脂肪がついたカラダ。
平均的な体重をキープするのがベストです。

ストレス発散方法を用意しておく
気分をリラックスさせるために好きなアロマを掻いだり、
思いっきりカラダを動かしたり、友だちと買い物に出かけたり、
ストレスを感じないようにすることは難しいけれど、溜め込まない努力を。

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/08/18 19:33 ] エイジングケア | TB(-) | CM(0)

白髪の原因と白髪を減らす食べ物

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

いつの間にか生えている白髪に、年齢を重ねるにつれもうしょうがないことだと諦めていませんか?


最近では白髪の原因についても徐々に明らかになってきているようです。
まだ完全ではありませんが白髪の原因が分かってきています。
完全に解明されていないものの、 白髪に関する多くの研究が実施された結果、
白髪の原因の幾つかが解明されつつあります。

それら原因が明確になった事により、 白髪の改善や防止を目的とする様々な白髪対策が可能となりました。
白髪対策の第一歩は白髪について知ることです。
何事も原因を理解することなしには、適切な対策をとることはできません。
白髪は日々の食生活に気をつけることでも改善できることなので、
白髪が気になる方は食生活を改善してみてはいかかでしょうか?


白髪を作る原因
白髪の3大原因は、メラニン不足、過酸化水素の蓄積、成長ホルモン不足です。

メラニン不足を補うことで白髪を抑制できる
白髪は、メラニン色素が充分に作られなくなることによって生まれます。
メラニンはチロシンというアミノ酸が原料となっています。
そして、チロシナーゼと呼ばれる酵素と反応してメラニンが生成されます。
チロシナーゼはもともと人間に存在する分子のため、あえて増やす必要はありません。
そのため、白髪対策としては、チロシンの摂取量を増やすか、
メラノサイトの機能を活発化すれば白髪になりにくくなります。


チロシンは日々の食事から摂取
チロシンは一日あたり500mg~2,000mg程度摂取するのが望ましいとされています。
食べ物でいうとチーズや大豆が好ましく、100gあたり1000mg以上含まれています。
チロシンはうつ病、痴ほう症、パーキンソン病の予防と回復に効果が あるといわれ、
その他細胞の老化を抑えたり、高コレステロール改善の働きも持ちます。


メラノサイトの活性化には「ビタミンB12」と「葉酸」が有効
貧血の原因はビタミンB12と葉酸の欠乏ですが、白髪の原因でもあります。
メラノサイトを活性化するには「銅」「ビタミンB12」「葉酸」が良いと言われています。

銅はたいていの場合普通の食事から十分に摂取できており、
また必要以上に摂取すると体から勝手に排出されてしまうので、特に気にしなくても問題ありません。

ビタミンB12は動物性食品に多く、レバーを含む肉類や乳製品などに多く含まれています。
植物性食品には例外を除いて含まれておらず、主に動物性食品に多く含まれます。

葉酸は、レバーや葉野菜などに多く含まれるビタミンです。
新鮮で加熱せずに食べられるサラダや納豆、果物の生搾りジュースなどにすると効率良く葉酸を摂取することができます。


メラニンを増やしてシミができるのは嫌
美白も大事だし、白髪予防も大事と板挟みになるところ。
メラニン色素と言えばシミの原因と考えられていますが、
紫外線を当てなければシミにはなりません。
睡眠前など夜に摂取することで紫外線の影響を少なくすることができます。
チロシンをなるべく夜に摂取することで、
「シミを避けたい」、「白髪を改善したい」という相反する内容を叶えることができます。


体に溜まった活性酸素を除去して白髪を改善
白髪の原因は過酸化水素の蓄積によって起こります。
過酸化水素を除去することが、 白髪改善の一つの方法です。
過酸化水素は活性酸素の一種で、本来人間の体には活性酸素を除去する働きが備わっています。
しかしあまりに増えすぎると除去が追いつかなくなってしまうのが現実です。


緑黄色野菜で酵素をたくさん摂ろう
活性酸素を除去するには抗酸化作用の酵素パワーが特に強い、緑黄色野菜をしっかり食べてください。
カロテンが多いと自然と赤、緑、橙、黄といった原色が強くなり、
栄養価も生きた酵素パワーも強い、ということです。
活性酸素を排除するには、1日に100g以上の緑黄色野菜をとることが大事です。


活性酸素を除去する栄養素「亜鉛」
亜鉛は活性酸素を除去する活性酸素除去酵素の構成成分であり抗酸化作用にも大きく関わります。
日本人においては、特に牛肉やチーズなど、亜鉛を多く含む食品の消費量が世界的に見ても少ないことから、
慢性的に不足している人が多いと推測されます。
お米の場合は胚芽に亜鉛が多く含まれているので、精米された白米よりは胚芽米や玄米の方が豊富です。


成長ホルモンの不足は白髪の原因
筋トレ、なかでも加圧トレーニングをすることで白髪が減った!という白髪改善効果が報告されています。
成長ホルモンの分泌量が加齢により大きく減った結果、 白髪が生えてくると言っても過言ではありません。


成長ホルモンの分泌を促進させる栄養素「アルギニン」
アルギニンは主に胡麻やナッツ類、豆類などに多く含まれています。
アルギニンは成長ホルモンを強力に分泌促進させます。
多く含まれる食材は主に、ゴマやナッツ類、豆類、かつお節、豚のゼラチンなど。


白髪を諦める必要はありません
白髪は老化現象だから仕方ないとあきらめないで下さい! 
同じ年齢でも白髪の増え具合には差があるものです。
白髪染めだけでなく、内面から白髪を予防してゆくことも可能です。
白髪を改善していたら、いつのまにか肌まで若々しくなっていたということもあります!
外見と内面、どちらも美しくありたいですね!

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/08/08 20:14 ] エイジングケア | TB(-) | CM(0)

朝食べるフルーツが美容にいい

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

朝食べるフルーツが私たちに嬉しい効果をたくさんもたらしてくれます。
そこでこの効果が最大限発揮されるようなフルーツの摂り方や
美容やダイエットにおすすめのフルーツを紹介します!


朝のフルーツがいいのはなぜ?
朝や昼など、カラダが活動的なときには、
「エネルギーとしてすぐ使われる糖分」に回されることが多く、
夜の休んでいる時に摂ると、カラダが活動していない分、
代謝しきれずに、脂肪として蓄積される糖分が多くなるんです。


栄養が吸収されやすい
果物には様々な栄養素が含まれています。
特に果物に含まれるビタミンCは食後のデザートとして摂取するよりも、
空腹時の朝に食べたほうが吸収率は高いのです。
フルーツは消化が早いためすぐに栄養になってくれます!


水分補給になる
人間は寝ている間も汗をかきます。
そのため朝起きると水分が不足している状態になっているのです。
果物には水分が含まれてますので水分補給が可能になるわけです!


朝フルーツの効果をUPさせるために
必ず生で食べよう
加工したり、熱を加えているフルーツは栄養が破壊されている恐れがあります。
栄養を摂りたいなら必ず生で。
またカットした後は酸化が始まるのですぐ食べるようにしましょう。

皮つきの果物を選ぼう
果物は側に栄養が詰まっているって知ってましたか?
りんごやみかん(白い部分)の皮は残さず食べるようにすると効果アップです。

毎日200gの果物を
年々果物を食べる量は減っているそうです。
しかしフルーツを適当な量食べていると生活習慣病の予防にもつながります。
りんごなら1個、バナナは2本、ブドウは1房、キウイは2個、さくらんぼは40粒、オレンジは2個。
これが200gの目安です。
りんごだったら一個で一日分のフルーツを摂取したことになります。


フルーツ別効果
バナナ
バナナは食物繊維をたっぷり含んでいるので、便秘の解消、腸内環境の改善といった効果があります。
また美容効果のイメージがないバナナですがポリフェノールも豊富に含まれているので、
シミやシワ等のアンチエイジングにも良いです。

いちご
いちごと言えばビタミンCですよ。
またビタミンの他にもポリフェノールが含まれています。
ポリフェノールも美白に効果があるので相乗効果です。

また赤血球を作るために必要な葉酸や鉄分を含むため、
女性の悩みに多い貧血や冷え性の改善にもイチゴは一役買ってくれそうです。
血液の状態や血行が整うことで肌にも栄養が行き渡り、
はりやキメが整ったり、ターンオーバーが活発化するなどの嬉しいオマケも期待できるでしょう。

キウイ
美容や健康にものすごく良いとされているキウイ。
腸内の乳酸菌量が少ないと便秘に繋がります。
キウイには腸の働きを整えるペクチンが豊富に含まれているので乳酸菌も増えて腸内環境が改善されます。
ペクチンは糖尿病の予防にも効果的。

またキウイは普段の生活での悩みを解決してくれる頼もしい果物です。
ビタミンCやクエン酸が豊富なのでストレス対策や疲労回復にもってこいです。

ブドウ
ポリフェノールのイメージからアンチエイジングや目の疲れをとってくれたりと嬉しい効果が。
それだけでなく、脂肪の吸収を抑えたり下痢やむくみまで改善してくれるダイエットの味方です♡

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/07/26 20:16 ] エイジングケア | TB(-) | CM(0)

老化がわかる体のサイン

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

若い頃に比べると時間が過ぎるのが早くなったなーと感じることありませんか。
他にも味がわからなくなったり、物忘れが多くなったりと様々な事が起こります。
調べるとそれには科学的な理由がありました。
老化するにつれて体に起こる様々なコトを知ることで老化の進行を遅れせましょう。

爆発大ヒット中!3種の元気素材をギュッと凝縮!【マカ発酵黒にんにく黒酢】


■からだの変化でわかる老化
額がテカる
額のギラつきの大きな原因は、水分不足やキメの乱れ、皮膚色の明度低下など、肌の加齢です。
意外にも男性の場合、皮脂の分泌量や質に関しては年代ごとの変化はほとんどないそうです。

口臭がきつくなる
加齢により唾液の分泌が減少することが主な原因です。
加齢 により食事の量も少なくなったりするため、唾液の分泌量を減らす原因になっているそうです。

味覚がにぶる
20代頃の味覚を100とした場合、60~70代位になると味覚の感じ方が甘味で1/20、
塩味でも1/40位になってしまうそうです。

脂肪がつきやすくなる
個人差はありますが、女性ホルモンの減少に伴い、脂肪の代謝が悪くなります。
筋力の低下で運動をしなくなることで、余計に脂肪がつきやすくなるようです。

白髪が増える
歳と共に白髪が増えるのは、メラニンを生成する力が老化で衰えてしまう事が原因だそうです。
また、加齢により新陳代謝が衰え、毛母細胞の分裂能力が弱まっていき、
髪の毛は細くなりハリが無くなっていきます。

筋肉痛が遅れてくる
加齢による「回復力の低下」と「筋力の低下」が理由なのでは?とされていますが、
実際のメカニズムは解明されていないそうです。

歯が抜けやすくなる
年をとったから自然に抜けるのではなく、多くは歯周病が原因です。

骨が弱くなる
20歳を過ぎると、骨の中のカルシウムの量は少しずつ減ってきますが骨が弱くなる大きな原因ではないそうです。
カルシウムを摂取して、骨に取り込むための運動をしているかが重要だそうです。


■日常生活で見える「老化」
涙もろくなる
自分の過去と重なることが増えることで理解できる範囲が広がり、
他人の話を聞いた時に感情移入しやすくなることが理由だそうです。

時間が短く感じる
理由は脳の老化です。
例えば、70才以上になると、時間を実際の時計時間よりも10%ほど短く感じるため、
3分20秒を3分くらいに感じます。

記憶力が悪くなる
脳が情報で満杯になってしまっているわけではなく、
年をとるごとに脳が情報を書き込み、保存する機能が弱くなっているそうです。

早寝早起きになる
脳の機能が弱まり、覚醒と睡眠の状態を持続できなくなります。
覚醒が持続できないので早い時間に眠くなり、
睡眠も持続できないので朝早く起きてしまうというサイクルになってしまうそうです。

疲れやすくなる
年をとることで血がドロドロになり各細胞へ必要な栄養が行き届きにくくなります。
そのため細胞は元気にならず、俗にいうバテ状態になります。

トイレの回数が増える、夜中もトイレに目が覚める
年をとると、膀胱内のセンサーが過敏になって回数が増えます。
夜に出る「尿の量を減らすホルモン」が減って夜間頻尿も増えるそうです。



毎日の疲れに3種の元気素材【マカ発酵黒にんにく黒酢】




ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/07/17 20:33 ] エイジングケア | TB(-) | CM(0)

若さを保つ秘訣

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

よく5歳以上若く見られることがあります。
「どうすれば若く見られるようになるの?」
など聞かれますが、正直正解がわかりません。
私的に若さを保つ秘訣は、
よく動いて、よく食べて、よく笑って、よく寝る
ことかと思います。


いつもキレイなアノ人はもう始めてます─
水素サプリの決定版!ハイドロゲンEX





動く
運動するのが一番最適。
ウォーキングやジョギングなど一人でできる運動や、
テニスやバレーボールなど数人でできる運動も。
ヨガやダンスなど体を動かすことでもいいです。

普段の生活でも、エレベーターをやめて階段にしたり、
車でなくても行ける所は自転車や徒歩にする。
TVを見ながらストレッチをするだけでも効果はあります。

体を動かすことで代謝機能が活発になり、
老廃物を体外へ出しやすくします。

食べる
食べ過ぎは良くありません。
体を動かす栄養をキチンと吸収するためよく食べることが大事です。
1日3食は欠かさず食べましょう。

基本は野菜を摂っていれば健康的な食事のように思いますが、
肉にも体に必要な栄養がいっぱいあります。
肉料理の時は少し野菜を多めにします。
果物にも栄養が高い物が多いのでいっぱい摂って下さい。

毎日栄養のあるものを食べることがお肌のハリやツヤに影響してきます。


笑う
よく笑うことで顔の表情筋が鍛えられます。
ジワやたるみは筋肉の衰えからきます。
少しでもシワが出ないように、20代の頃から表情筋を鍛えることは
少し意識してやっていました。
早く始めればその分シワなどが目立つのが遅くなります。

笑った顔が一番鍛えられている感じがしますし、
普段からよく笑えていればストレスもあまり感じることはないと思います。


寝る
よく寝ることで疲れを次の日に持ち越さないようにします。
そして、エイジングケアに強力な成長ホルモンは睡眠中に多く分泌されます。
寝ることが一番大事かもしれません。



サプリメント
上の4つだけでも十分エイジングケアになっていますが、
もっと元気でいたいので私はサプリメントを摂っています。
このサプリメントで以前よりも元気を感じています。
正直水素のパワーは凄いです。
ハイドロゲンEX

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/07/11 20:59 ] エイジングケア | TB(-) | CM(0)

成長ホルモンを増やしてエイジングケア

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

成長ホルモンは、
エイジングケア(若返り、美肌、老化防止、長寿効果)が期待できる最も強力なホルモンです。
成長ホルモンは、若返りホルモンとも呼ばれます。
成長ホルモンを増やすことでエイジングケアが効率良くなります。

 食事
食事で成長ホルモンを増やすには、
お腹が空いてから良質のアミノ酸を取ることが大事です。

アミノ酸は細胞を作るのに不可欠な栄養素であり、
その中のアルギニンが成長ホルモンの分泌を活発にする働きがあるといわれています。
アミノ酸はタンパク質の一種で、さまざまな種類のアミノ酸があります。
魚・肉・卵・大豆製品・乳製品などバランスよく食べましょう。

そして、食事をしたときに充分な成長ホルモンがでないので、
必ずおなかが空腹になってから食べて下さい。


 運動
成長ホルモンを促すトレーニングは主に太ももです
太ももは人体において最も大きな筋肉ですので、
ここを集中的に攻撃すれば効率的に成長ホルモンが出てきます。

若返りホルモンを分泌させるのに効果的な運動は、
ゆっくりと途切れることなく行うエクササイズのスローリフトというトレーニング方法です。
スクワットを行う場合ですと、完全に直立する前に再びゆっくりと膝を曲げていきます。
関節を伸ばしきらない、そして、曲げきらないということです。
ゆっくりと時間をかけて行うほど効果はあります。



 睡眠
成長ホルモンの分泌タイミングは、
「眠り始めの3時間」に集中して分泌されることが明らかになっています。

血糖値が低い状態にならなければ、成長ホルモンは十分に分泌されません。
お風呂はシャワーだけで済ませず、浴槽に入ることが大事。
これによって軽い運動をした状態のようになり、血糖値がしっかり下がります。
食べ物の消化には2~3時間ぐらいかかるので、夕食後、最低2時間は空け、
その間にお風呂など用事を済ませてから睡眠をとると、血糖値は下がります。

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/06/30 21:25 ] エイジングケア | TB(-) | CM(0)

グレープフルーツで美人力アップ

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

フルーツはよく食べているつもりですが、もっと食べてもいいくらいみたい。
健康に気を使っている人は、1日約500グラムのフルーツを食べるように心がけているようです。
そして、特にグレープフルーツがいいそうです。

なぜ数あるフルーツの中でグレープフルーツがいいかと言うと、
「美人力をアップするフルーツ」だからです。
年齢とともに注意したい老けポイントをカバーしてくれ、
食べ過ぎ防止、肌のサポート、ストレス解消などをサポートしてくれます。

1個でこれだけキレイに役立つフルーツはなかなか見つかりません。
エイジングケアとしてこれからグレープフルーツを食べるようにしていこうと思います。


 ビタミンCが豊富
グレープフルーツがなぜ美人力アップに役立つかというと、
まずビタミンCと食物繊維がたっぷりなこと。
グレープフルーツ1個で、ほぼ1日に必要なビタミンCそして食物繊維を摂ることができるのです。

ビタミンCは、コラーゲンをつくるのに欠かせない成分で、
骨や血管の健康にも役立ちます。 
抗酸化力が強く、老化を抑えるアンチエイジング効果、シミやくすみを予防する美白効果もあります。
若さと美容維持に欠かせないビタミンCを簡単に摂れます。



 香りを嗅ぐだけでも!!
グレープフルーツの香りを嗅ぐだけでも、
ダイエットがうまくいかない、すぐにリバウンドしちゃう、食欲が止まらない、
そんな悩みを解決してくれるそうです。

グレープフルーツの爽やかな香りの素であるリモネン、ヌートカトンという成分は、
体内に溜まった余分な脂肪をせっせと燃やすスイッチを入れてくれるのです。
つまりグレープフルーツのニオイを嗅ぐと、ダイエットに役立つかもしれないです。


 脂っこい食事もOK
焼肉や揚げ物といった脂っこい食事は、誰でも食べたくなるものです。
太るからといって全く食べないのもキツいです。
そんなときにグレープフルーツを食べると、ナリンギンという成分が血中に増えすぎた脂肪を分解し、
血糖値を安定させ体重の増加を防いでくれるそうです。

焼肉をはじめ脂っこい食事を食べるときは、
デザートにグレープフルーツを食べて、脂肪と体重が増えないように心がけましょう。


 食物繊維が腸の働きを整える
グレープフルーツには、腸の働きを整えて体の汚れを掃除してくれる食物繊維がたっぷり含まれてます。
1個食べれば1日分の食物繊維が摂れてしまいます。
グレープフルーツに含まれる水溶性食物繊維のペクチンが、
脂質代謝の促進や血圧の安定に役立っています。

体に汚れを溜めこまないことは、キレイを維持するために大切です。
そのため、食べて飲んだものは体を動かして燃やすか、
快便でしっかりと体の外に出してあげると、体に汚れが溜まりません。
キレイな腸、キレイな血管、キレイな骨、キレイな肌をキープするには
「食べたら出す」というリズムを崩さないことが大切です。



 1日1個を目安に
グレープフルーツの白い皮の部分(白いフワフワの皮の部分)には、
食物繊維とナリンギンがたっぷり含まれています。
少し渋味と苦味を感じますが、これがお口の中のいい刺激になってスッキリし、
体の中もスッキリきれいにしてくれるのです。
1日1個を目安にグレープフルーツを食べて美人力をアップしていきましょう。

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/06/26 20:46 ] エイジングケア | TB(-) | CM(0)

美肌に必須アイテムです

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ





ステナードソニックROSEは今では私の肌を美肌へと変身させてくれる必須アイテムとなっています。

使い続けてみるとその効果がハッキリわかるようになってきました。


まず、ハリが違います。
大袈裟かもしれませんが、10歳は肌のハリが若返えった気がします。
って言えるくらい以前よりハリが出ました。

ハリ不足等の乾燥部分には
日本初の特許技術を使用した「自動スキンセンサー」機能が働いています。
肌の水分量に合わせて超音波の振動数を調節。
乾燥している部分に集中的に潤い成分が届くようになっています。


他には、たるみが気にならなくなりました。
特に目元あたりはシワがかなり気になっていましたが、
気にならなくなりました。
あごがシュッとし顔全体がスッキリしたように感じ、少し顔が小さくなった気がします。

1秒間に100~800万回の超音波(マルチウェーブ)により
プロのエステティシャンの指技のようにケアしてくれているからです。


エステナードソニックROSEと合わせて使っているのが、薬用ホワイトジェル

美白有効成分「プラセンタエキス」がシミのもとメラニンへ働きかけ生成を抑えます。
シミ、そばかすが気になる方にぜひお使いいただきたい美白ジェルです。
また、人気の「コラーゲン」「ヒアルロン酸」を配合し、ハリ・潤いのある肌に導いてくれます。

この1本で毎日のスキンケア5役「化粧水」「美容液」「乳液」「クリーム」「化粧下地」と、
エステナードソニック専用のジェルの働きをこなします。


1日5分の簡単ケアで美肌になれます。
医学誌にもその効果は掲載されました。
実年齢より若く見られたくないですか?

1日5分!美顔器「エステナードソニックROSE」





ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/06/24 19:36 ] エイジングケア | TB(-) | CM(0)

ヒアルロン酸でエイジングケア

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

最近はヒアルロン酸を摂取できる食材で料理を作ることが多くなりました。

同居している義父がよく膝が痛いと言い出したのが1つ目で、
スキンケアなどのエイジングケアが2つ目の理由です。

ヒアルロン酸が効果的に摂れて、私がよく使う食材は、
鮭・山芋・オクラです。
出来合いの鶏の軟骨や手羽、もずくなども食卓に並べます。


ヒアルロン酸は、人間の体を作っている無数の細胞をくっつけ合い、
バラバラに移動しないようにしている結合組織の主成分です。

肌の中では肌の弾力保持に、
関節の中では潤滑油やクッションの役割をしています。

年齢と共に減っていくので、膝などの関節痛や肌のたるみなど、
歳をとるとだんだんと出てくるのです。



ヒアルロン酸は、先に紹介した食材の他に、
カレイやフカヒレ・ウナギなどから摂れます。
でも、これらの食材は分子が大きいので、体内で吸収されにくいです。

サプリメントは、安価のものだと高分子で吸収されづらいものが多いです。
高価になりますが、自然に近く
体内に取り入れやすい低分子のヒアルロン酸配合のサプリメントを選びましょう。


化粧品に含まれるヒアルロン酸も分子が大きく、
肌に塗っても一番外の角質層に留まってしまい、
一番届かせたい表皮まで届きません。

それでも、ヒアルロン酸は角質層の水分を抱え込み、
それ以外の水分の蒸散を防いでくれます。

保湿力による小じわの予防や改善、肌のバリア機能のサポートなど、
美肌を目指すためにヒアルロン酸は欠かせません。

洗顔後にヒアルロン酸入りの化粧水で水分を皮膚に十分保持させて、
その上から油分を含む美容液やクリームで肌を乾燥から守ることで、
スキンケアの効果は上がります。

ヒアルロン酸を十分摂取してエイジングケアしましょう。

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/05/30 19:42 ] エイジングケア | TB(-) | CM(0)

エイジングケア 数年後の自分のために

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

あなたは実年齢より若く見られていますか?

今いろいろな所で耳にする
エイジングケアとは、
エイジング(加齢)のケア(お手入れ)することです。

エイジングケアは、
始めるのが早ければ早いほど
歳を重ねた時の効果は大きいです。

まだエイジングケアを行っていない方、
手遅れではありません。
年齢に応じたエイジングケアをすれば未来のあなたの姿は変わっています。


エイジングケアの他にアンチエイジングもよく聞くと思います。
アンチエイジングもエイジングケアと同じような意味ですが、
より老化を防止する意味が強く、効果を謳うことが薬事法で禁止されています。
化粧品には使えず、医薬部外品には使えます。
ややこしいですが、ほぼ同じ意味と捉えていいと思います。


エイジングケアとは?
新陳代謝のリサイクルを正常化し、
肌細胞の生成を促したり肌の酸化防止をすることです。
肌だけでなく、体の内側を含んだ体全身のケアをすることが
より大きな効果があります。

エイジングケアの方法
・タバコkをやめる
・睡眠をしっかりとる
・シミ対策(帽子、日傘、日焼け止め、UVカットの化粧品)
・パセリ、ブロッコリー、ピーマン、ゴーヤ、いちご、キウイなどに含まれるビタミンCをとる
・乾燥が肌にトラブルを引き起こす原因にもなるので保湿が大切
・良質なタンパク質は肌作りのカギとなり、ビタミンAビタミンEは
抗酸化作用をもっているので、たくさん摂取したほうが良い。
ビタミンA:とりレバー、うなぎ、にんじん、ほうれん草、かぼちゃなど
ビタミンE:アーモンド、たらこ、すじこ、アユなど


若いからでなく、男だからでもなく、
これから先の数年後・数十年後の未来の自分のために
早めのエイジングケアが大切です。

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/04/21 20:34 ] エイジングケア | TB(-) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。