美と健康~アラサーから綺麗を磨く~

30歳を過ぎてからでも綺麗で健康な身体をつくるための実践している方法やお役立ち情報を発信します。

お腹・ウエストを凹ますダイエット

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

スッキリとしたキレイなウエストに誰でもなれます。

せっかく素敵な洋服を着ていても、
高いブランドの服を着ていても、
ポッコリ出たお腹だと見た目も半減してしまいますね。

身体で気になる部位は?
という質問で
「お腹」「ウエスト」
と答える人が男女問わず多いです。

一度付いてしまった脂肪はなかなか取れず、
特にお腹周りはタイヘンです。
顔だけ痩せてお腹は凹まないってことありますよね。

これから紹介する方法は、
キツいダイエットはしなくても大丈夫です。
毎日の生活のどこかに取り入れるだけのカンタンなお腹・ウエストを凹ますダイエットです。

●呼吸
呼吸法ダイエットやヨガに共通しているのが深い呼吸です。
慣れてくるまでは、短い時間でも良いので毎日続けます。
ポイントは、息を吐くところです。
思い切り吐くことが重要です。

できるようになってきたら、息を吐く時にお腹を凹ませながらやってみましょう。
慣れてくれば、
TVを見ながら、ウォーキングなど運動しながら、仕事をしながら
いつでもできます。

●腹筋
仰向けに寝て両膝を立てます。
頭をおへそが見える位置まで上げ、
ゆっくり呼吸しながら10秒キープ、これを何回かやります。

これに体が慣れてきたら、
手のひらを合わせて腕を真っすぐ天井に向かって伸ばします。
そのまま腕を右側だけに振ります。
右側を10回やったら、次は左側へ10回やります。
これで1セットで、3セットを2日に1回くらい。
結構キツいので、TVのCM中に休み休みやって下さい。
スポンサーサイト


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/04/30 20:40 ] ダイエット | TB(-) | CM(0)

ダイエットにグリーンスムージーAMINO

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

加齢とともに基礎代謝は減少していきます。
基礎代謝の減少は、痩せにくくリバウンドしやすい体になります。
ダイエットのポイントは基礎代謝を高めるアミノ酸にあります。


グリーンスムージーAMINOは、
基礎代謝を高めるアミノ酸がたっぷり配合され、
ダイエットに最適です。
また、豊富なビタミンや酵素などを含んでいるので、
美容や健康もサポートしてくれます。
gs2
あなたも今日からスムージー美人



多くのメディアや雑誌でも話題で、
モデルさんも愛用のダイエットスムージーです。

甘さが控えめでマンゴージュースのような味で飲みやすく、
腹持ちが良く、食物繊維も配合しているので食事の置き換えとしても使えます。

・ダイエットができずリバウンドしている方
・外食が多く野菜不足、脂っこい食事が多い方
・低予算でダイエットしたい方
・便秘がち、肌荒れ
・年より老けて見られる方
これに当てはまる方は、一度試してみてください。

作り方はカンタンですので、朝の忙しい時間でも大丈夫です。
10~20gのパウダーをシェイカーに入れ、
200mlの水や牛乳で混ぜるだけです。
ヨーグルトや豆乳などでも良いですが、1番人気は牛乳です。
gs3


グリーンスムージーAMINOは、
38種類の野菜・果物・豊富なビタミン類が美容をサポート、
酵素・国産の大麦若葉が健康を後押し、
アミノ酸や100%良質な大豆たんぱくを配合し、
ダイエットを実現してくれます。

男性からも他のグリーンスムージーがダメだった方からの評価も高い
グリーンスムージーAMINOで、
健康的なダイエットをしてみましょう。

グリーンスムージーAMINOダイエット





ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/04/29 20:20 ] ダイエット | TB(-) | CM(0)

カロリーを消費させる運動系ダイエット

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

ダイエットの基本は消費カロリーです。
消費カロリーの高い運動をすることがダイエットに効果的で、
その運動をどのくらい行うかも重要です。


一時的に体重を落としたいなら、
ボクシングのような過酷な減量が良いのです。
しかし、普通の人がこのような減量をすると、
体を壊したりリバウンドの原因となります。

長期的に痩せやすく太りにくい体作りをすることをオススメします。


ダイエットに効果的な運動は、
全身を使って長時間行える有酸素運動です。

これから、誰にでもできるオススメの運動系ダイエットを
効率の良い順番に紹介していきます。

1.ジョギング
全身を使うので効率が良い。
慣れてくれば1時間以上走れるようになるので、消費カロリーも高くなる。

2.水泳
全身運動で水の抵抗により消費カロリーが高い。
水の浮力で体への負担は少ないが、長時間泳ぎ続けるのはたいへん。

3.踏み台昇降
室内で特別な器具なしでできる。
消費カロリーは高いが、単調な動作なので根気が必要。

4.自転車・エアロバイク
下半身のみのため全身運動より消費カロリー低い。
膝への負担が少なく、エアロバイクなら備え付けのTVを見ながらできる。

5.縄跳び
消費カロリーは高いが、長時間できないので効率が悪い。

6.ウォーキング
誰にでもできて、体への負担は少ないが、消費カロリーは少ない。

7.ヨガ
消費カロリーは少ない。
体の歪みの矯正や血行・肩こり・冷え症の改善などの効果がある。

8.バランスボール
消費カロリーは少ないが、座っているだけでカロリーを消費し、体への負担が少ない。

9.スクワット
消費カロリーは少なく、長時間できない。


上記の9つ以外でもできることはいろいろあります。
家事をしながら、仕事中、TVを見ながらなど
何かしながらでもできることを見つけてください。

例えば、
腹筋にチカラを入れてみたり、
椅子に座っている時は背筋を伸ばし片足を上げ5秒キープする
など、~しながらできることがあります。

生活の中に体を動かすことを取り入れることで、
以前よりカロリー消費が増えます。
知らず知らずのうちにダイエットできているので、
意識してやってみて下さい。

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/04/28 21:35 ] ダイエット | TB(-) | CM(0)

食事系ダイエット

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

食べるだけで痩せられる

こんな素晴らしいダイエット方法が
今ネットを検索するといっぱい出てきますね。

手軽さから人気のダイエットですが、
注意しないといけない点もあります。
・その食材ばかり食べてしまう。
栄養のバランスが悪くなり、体を壊す原因です。
・食べる量を減らす。
食事の量が減ると基礎代謝が低下し、脂肪が燃焼しにくくなってしまい逆に太りやすくなります。


・食事系ダイエットの方法
これから私が2ヶ月で4Kg痩せた食事系ダイエットを紹介します。
この方法は聞いたことがあるんじゃないですか。
それは、
キャベツダイエット
です。

1日3回食事の一番最初に、千切りにした生のキャベツを山盛り食べることです。
ポイントは、ゆっくりよく噛んで食べることです。
10分くらいかけて食べる感じです。
よく噛んで食べることで、満腹中枢が刺激されて、食べ過ぎを防いでくれます。

さらに、キャベツは
ビタミンC・カリウム・カルシウム・食物繊維などが豊富で、
美肌効果・骨粗鬆症防止・エネルギー代謝の促進・便秘解消の効果があります。

「ベジファースト」と呼ばれる野菜を先に食べる食事法なので、
食後血糖値の上昇を緩やかにし脂肪になりにくくします。

味つけはドレッシング大さじ1杯。
市販のものは塩分糖分が多いので、
オリーブオイルとお酢で自家製ドレッシングをつくるのが良いと思います。

キャベツ以外の野菜も食べるようにして、
食事後は軽くストレッチなどで体を動かすと効果的です。

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/04/27 20:10 ] ダイエット | TB(-) | CM(0)

健康食品で食生活を充実させましょう

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

今、TVや新聞やインターネットで
健康食品を見ないことがないくらい宣伝していますね。

それだけ今の世の中、
健康食品の需要が多いということがわかりますし、
健康に対する意識も上がってきているということです。

しかし、健康な体作りはバランスの取れた食生活を送っていれば、
健康食品は必要ありません。


でも、現在の食事情を考えると、
バランスの取れた食生活を送るのはなかなか難しいのが現状です。
(加工食品や油の多い食品や甘いモノ)

そこで、足りない栄養を健康食品で補おうとする人が増えています。
栄養を補うだけでなく、体調が良くなったり病気を未然に防ぐこともあります。


健康食品は法律上、薬ではなく「食品」として扱われ、「保健機能食品」には、
科学的根拠の表示の許可を得た「特定保健用食品(トクホ)」と、
特定の栄養素を含み基準を満たしていれば効果効能が表示できる「栄養機能食品」があります。

「保健機能食品」以外の健康食品を「いわゆる健康食品」と呼び、
サプリメントやスムージーなどはこれに分類されます。

サプリメントなどは、成分を濃縮させているものもあります。
効果を期待して摂り過ぎてしまうと、逆に体調を崩す場合もあります。
あくまでも「体に良い」「健康の保持増進に約立つ」程度に考えて下さい。

注目の水素サプリ!水素+αで毎日を元気に

ウォーターラボのハイドロゲンEX




ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/04/26 14:38 ] 食事 | TB(-) | CM(0)

ストレスのない生活

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

現代人のどの年代でも
ストレスがなく生活している人は少ないんじゃないでしょうか。

もし、ストレスのない生活が送れるのなら、
毎日が楽しいんでしょうね。


・ストレスとは?
私達の心や体に影響を及ぼすストレスには、
寒さや暑さや騒音や混雑などの「物理的」、
公害物質や薬物や一酸化炭素などの「科学的」、
人間関係や仕事上の関係や家庭の問題などの「心理・社会的」があります。

私達がよく言う”ストレス”は「心理・社会的」で、
心理・身体・行動に表れてきます。
・心理ー不安、イライラ、気分の低下、抑うつなど
・身体ー肩こり、腰痛、目の疲れ、息切れ、胃痛、食欲低下、便秘、下痢、不眠など
・行動ー飲酒や喫煙の増加、仕事でのミスや事故


・ストレス発散、解消
ストレスを減らすために、
今の発想や行動を変えてみるといいでしょう。
・発想
物事をマイナスに捉えない
失敗を恐れず向かい合う
一時的に問題となっていることから距離をおく
機関や専門医に相談する

・行動
疲れが溜まる前に休憩する
趣味を持ち、日々のストレスから意識をそらし、精神的疲労から開放される
精神を安定させるリラクゼーションをする(ヨガ、ストレッチ、お風呂)
腹式呼吸で体にたっぷり酸素を取り入れる


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/04/25 21:05 ] 健康 | TB(-) | CM(0)

エクササイズで健康な体作り

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

エクササイズの本来の意味は
ダイエットのためのエクササイズ(運動)ではありません。

体の持つ能力の維持・強化や、
健康保持を目的とした
肉体的な運動をエクササイズと呼びます。


また、2006年に厚生労働省が、
生活習慣病予防のため独自に定めた運動量の単位としても使われています。


エクササイズを日常の生活に取り入れることで、
・疲れにくい体をつくる
・体重のコントロールがしやすくなる
・ストレスの軽減
・集中力を高める
などの効果を得ることができます。

この中でも、体重のコントロールがしやすくなるため、
ダイエットのためにエクササイズを行う人が多いのでは。
食事制限だけでは心身に負担が大きくリバウンドしやすいです。
エクササイズを習慣にするとリバウンドしにくい体がつくれるので、
理想の体にするにはエクササイズが有効なのです。


・エクササイズの方法
・有酸素運動
カロリーを消費しながら体脂肪を減らす。
むくみや美肌、足腰強化の効果がある。
ウォーキング、ジョギング、サイクリング、水泳、速歩、ストレッチ

・有酸素運動
短時間に強いチカラで筋肉に負荷をかけて引き締まった体をつくる。
基礎代謝が上がり、痩せやすい体をつくる。
ダッシュ、ダンベル、筋力トレーニング


自宅でカンタンにできる腹筋を引き締めクビレをつくるエクササイズ
1.仰向けに寝て両膝を立てる
2.左足で天井に向かってキック(息を強く吐く)
3.キックと同時に右手で天井に向かってパンチ
4.手と足を戻し、反対側も同じように
5.1~4を1回とし、10回を3セット

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/04/24 20:15 ] 健康 | TB(-) | CM(0)

健康のためのフィットネス

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

フィットネスと聞くと、ダイエットのために体を動かすこと
と思うかもしれません。

しかし、フィットネスの本来の意味は、
肉体的・健康的観点で望ましいと考えられている状態を維持・増進することです。
健康のための運動です。

身体活動量の少ない生活は、
心身の状態を悪くし、
病気を発生しやすくします。

逆に、適度に運動していれば、
心身を良好な状態に保つことができます。


心身活動量が少ないと、心臓疾患や高血圧・動脈硬化などおきやすく、
精神面でも不安やうつ病などになりやすいです。
定期的な運動はこれらを防ぐ効果があります。


・オススメのフィットネス
フィットネスを行ううえで、健康により近づくポイントは、
心肺機能と体脂肪率の改善で、有酸素運動が最適です。

・自宅周辺のウォーキングやストレッチ
・水泳や水中ウォーキング
・エアロビクス
・ヨガ
・ボクシング

安全かつ効果的にフィットネスを行うために、
専門資格を持ったインストラクターのいるスポーツクラブで、
トレーニングやメニューを作ってもらい、
個々の能力に合ったアドバイスを受けると効率が良いです。


ダイエットのため、外見をシェイプアップするためだけでなく、
健康を回復・維持・増進するために、
生活習慣として継続することが理想です。


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/04/23 19:44 ] 健康 | TB(-) | CM(0)