美と健康~アラサーから綺麗を磨く~

30歳を過ぎてからでも綺麗で健康な身体をつくるための実践している方法やお役立ち情報を発信します。

スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あなたの髪にも夏の疲れが

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

年齢とともに、髪質の変化を感じることありませんか? 

とくに夏の暑さや紫外線に耐えてきた秋以降の髪は疲れを溜め込みます。
お手入れが悪いと乾燥や抜け毛、切れ毛、フケなどに悩むことになります。

また、高いシャンプーやお風呂に入りながらの頭皮マッサージなど、
「自宅ケアを頑張っているけど結果が出ない」「悪化した!」という人は、
もしかしたらやり方に原因があるのかもしれません。

そこで秋のこの時期に絶対やってはいけない“NGな頭皮ケア”をご紹介します。


■髪の毛を濡らしてから頭皮マッサージをする
頭皮マッサージは血行を良くするだけでなく、
頬の筋肉やアゴのたるみなどを引き締めてくれるのでリフトアップ効果があります。

しかし、頭皮が濡れた状態でマッサージを行うと頭皮を傷つけてしまう場合があるので、
マッサージをする時は髪の毛を濡らす前に行います。

爪を立てず、指の腹でもむような感じでゆっくりリズムカルに行います。
そうすると、ホコリや古い角質が浮いてきます。
ある程度頭皮を柔らかくほぐしてから、頭皮を濡らしてシャンプーするようにしてみてください。


■すぐにシャンプーをする、ゴシゴシ洗う
洗う際は、髪の毛を濡らしてからすぐにシャンプーをするのではなく、
頭皮の汚れをとるように、髪の毛のすすぎ洗いを行ってからシャンプーをするように心がけてください。

また、秋冬に乾燥や抜け毛、切れ毛、フケなどが気になる場合は、
ゴシゴシ洗いすぎているかシャンプーが合わない可能性があります。
まずは頭皮の保湿を考えたアミノ酸系の刺激のすくないシャンプーを選びましょう。


■ヘアブラシに使い捨て用のものを使っている
切れ毛やフケ、かゆみ、頭皮に吹き出物ができやすい人は、
頭皮を傷つけないタイプのヘアブラシを選びましょう。
安い使い捨てのプラスチックタイプや金属製のブラシで強くブラッシングすると、
髪の毛のキューティクルが傷み、枝毛や切れ毛、フケの原因になります。

少々高くてもブタやイノシシなどの毛で作った、
頭皮と髪の毛にやさしいブラシを1本持っておくことをおすすめします。



髪質の変化を感じたら、毎日のお手入れに原因があるかもしれません。
洗い方やシャンプー、ブラッシングなどを一度見直してみましょう。
関連記事


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/09/20 13:24 ] 美容 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。