美と健康~アラサーから綺麗を磨く~

30歳を過ぎてからでも綺麗で健康な身体をつくるための実践している方法やお役立ち情報を発信します。

スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

気分よく生活したいです

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

仕事や勉強に対する「やる気」が起こらない、集中できない…そう感じることがよくあります。
そんな時は、ドーパミンが不足しています。

ドーパミンは、意欲、動機などと密接な関係があるそうで、
ドーパミン不足が続くと頑張れない体質になってしまいます。
ドーパミンを増やして充実した生活をしたいですね。


ドーパミンとは
ドーパミンは脳内ホルモンの一つで、中枢神経系に存在する神経伝達物質です。
意欲、動機、学習などに重要な役割を担っているといわれています。

気分を高揚させてやる気を引き出す効果がある物質です。
なので不足することで、気分が落ち込んだり集中力が下がったりするわけです。


ドーパミンをコントロールする
楽しい体験、うれしい体験にはドーパミンが関係しているので、
やる気を出すためにドーパミンが必要です。

しかし、動くことに対して意欲を持てない場合、ドーパミンが不足している可能性があり、
その原因と対策を考える必要があります。


ドーパミンが多くても問題が生じる
ドーパミンは分泌されればされるほどいいというものではありません。
ドーパミン過剰が続くと、脳が判断機能を失って、
幻覚や幻聴など、さまざまな異常行動を引き起こすこともあります。


◆ドーパミンの増やし方
「ごほうび」を与える
ごほうびを与えることはドーパミンを増やすこと、達成感を味わう事によりドーパミンが分泌されます。

目的を立てて、それを達成して、達成感を味わって、
ご褒美も自分で自分に与えるということで、ドーパミンの強化につながるでしょう。

笑うこと
免疫力が高まりストレスや苦痛が軽減されます。
何もなくても笑っていると脳が活性化され、作り笑いでも「笑う」という行為はドーパミンを分泌します。
単に表情だけ笑顔を作ってみせるだけでも効果はあります。

ウォーキングなどで
まずは簡単な運動をはじめてみることをお勧めします。
運動をすることで脳が活性化されて血流も良くなります
ジョギングなどは好きならば特にドーパミン分泌に有効とされます。
ウォーキング、ジョギング、水泳、体操、エアロビ、縄跳び、散歩、探検・・」など、
なんでもいいので、毎日欠かさずおこなうと効果的です。

初めての体験
いつもと違う道を通る、今まで行ったことのない温泉や知らない土地を旅する、
たまには違った道を通り、新しい事を発見するということ、新しいものに触れる姿勢が、
ドーパミンを増やします。



毎日同じことの繰り返しでやる気はドンドン落ちていきます。
慣れはいずれ飽きに変わっていってしまいます。
そうなる前にドーパミンを分泌し、充実した生活を送りましょう!
関連記事


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/09/22 19:25 ] メンタル | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。