美と健康~アラサーから綺麗を磨く~

30歳を過ぎてからでも綺麗で健康な身体をつくるための実践している方法やお役立ち情報を発信します。

スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

太りにくい「炭水化物の食べ方」

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

ダイエットをする際に、炭水化物を抜こうとする人が多いです。
しかし、炭水化物は体には必要不可欠な栄養素なので、
極端に摂取量を減らしてしまうのは、体に良くありません。

炭水化物を抜くと、
集中力の低下や無気力、低体温や冷え性の原因にもなってしまうと言われています。
炭水化物を抜くのではなく、
太りにくい「炭水化物の食べ方」をすることが、ダイエットには重要なようなのです。


■「お米」を食べるようにする
お米はパンなどと比べ消化吸収率が高く、持続性もある優れたエネルギー源です。
さらに、カルシウムや鉄、亜鉛、ビタミンB群、そして食物繊維など、
様々な栄養素もバランス良く含まれています。

また、グルテンという小麦たんぱくを全く含まないのもお米のいいところです。
グルテンを摂取しない「グルテンフリー」の経験者によると、
目覚めがすっきりする、美肌、便秘解消、免疫力アップ、中性脂肪を下げる、食欲抑制、減量効果
などがあったと言われているそうですよ。


■白米よりも玄米
お米の栄養素は95%が玄米の胚芽と表皮の部分に存在し、
白米となる胚乳部分には5%しか含まれていません。
つまり、精米する際に、95%の栄養がそぎ落とされてしまっているため、
白米よりも玄米の方が栄養価もかなり高いことになります。

食物繊維も、玄米には白米の約6倍もの量が含まれており、
糖質の代謝に欠かせないビタミンB1も、白米の約5倍の量が含まれています。
血糖値の上昇も玄米の方が緩やかなので、白米より圧倒的に太りにくい食材であると言えるでしょう。


■食べる順番が大事
食べる順番を工夫することで太りにくくできます。
空腹時に炭水化物を摂ると血糖値が急上昇し、インスリンが多く分泌され、
脂肪が蓄積されやすくなってしまいます。

インスリンの量を抑えるには、初めにまず野菜・豆類・きのこ類、海藻類を食べ、
次に、肉や魚のメイン、
そして最後に、白米や玄米などの主食を食べるというのが理想的であるようです。

あと、主食だけに限らず、大豆や野菜、春雨などにも炭水化物は含まれています。
特に、じゃがいも、にんじん、ごぼう、れんこん、かぼちゃなどは糖質が高いので、
摂りすぎには注意した方がいいようですね。



太りにくくするためには、食べる順番が重要であるようです。

ただ、やはり食べる量も大切です。
成人女性であれば、一食あたり150グラム程度が適量とされているので、これを目安にしてくださいね。
関連記事


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/10/05 20:16 ] ダイエット | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。