美と健康~アラサーから綺麗を磨く~

30歳を過ぎてからでも綺麗で健康な身体をつくるための実践している方法やお役立ち情報を発信します。

スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

眠れない時におススメの食べ物

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

いつも忙しい生活では睡眠時間をしっかりとれないという方もいるでしょう。
また、ストレスによる不眠症で眠りたくても眠れないという場合もあるでしょう。
睡眠不足が続くのは辛いものです。
そんな時は少しだけ食べ物を見直してみてはいかがでしょうか?


食べ物で睡眠不足を解消
ストレスにさらされた体は自律神経のバランスが崩れた状態です。
神経が過敏になって、眠りたいと思っても快適な眠りを取ることはできません。

もちろんお医者さんに相談するという方法もありますが、
食品に含まれる成分のなかには脳をリラックスさせたり、
眠気を誘うホルモンの分泌を促す働きがあるものがあります。
それらの成分に注目することで、自然とゆったりとした眠りを取れるようになるかもしれません。


脳をリラックスさせるにはカルシウムとパントテン酸
脳をリラックスさせるにはカルシウムが効果的。
カルシウム不足は神経過敏を招くので、睡眠不足の要因になってしまうのです。
夕飯にカルシウムが多く含まれる大豆製品や小魚・小松菜などを多めに食べたり、
寝る前にホットミルクを飲むのもおススメです。

パントテン酸は水溶性ビタミンのひとつですが、
ホルモンの合成に関与しているため、ストレスへの耐性を強くし疲れにくくする効果があります。
パントテン酸を多く含む食品はレバーや納豆・干しシイタケなど。
干しシイタケならカルシウムの吸収をアップするビタミンDも豊富なのでさらに効果的です。


眠気を誘うホルモンの分泌にはトリプトファンと硫化アリル
神経伝達物質のひとつであるセロトニンには、心を安定させて安らぎをもたらす働きがあり、
セロトニンが不足すると不眠症になってしまいます。
セロトニンの分泌を促すには、その材料となるトリプトファンを含む食べ物が効果的です。
トリプトファンは乳製品や大豆製品、カツオやマグロ、ナッツ類、バナナなどに多く含まれています。

硫化アリルは疲労回復に効果のある成分。
直接、睡眠に作用するわけではありませんが、
疲労が蓄積することで睡眠不足になってしまうことも多いので、
疲労回復した体で深い睡眠に入るためには有効です。
硫化アリルが含まれる食品は玉ねぎやニラなどです。


睡眠不足は、食べ物を工夫することで解消できるかもしれません。
また、サプリメントを上手に利用するのもいいでしょう。
睡眠不足から体を壊す場合があるので、注意しましょう。
関連記事


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/10/13 19:54 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。