美と健康~アラサーから綺麗を磨く~

30歳を過ぎてからでも綺麗で健康な身体をつくるための実践している方法やお役立ち情報を発信します。

スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

栄養ドリンクの正しい使い方

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

今や栄養ドリンクは、コンビニでも気軽に入手できるようになり、
疲れた身体にエネルギーを与えてくれるありがたいものです。

しかし、使い方によっては逆効果になることも。
毎日飲んでいるという方は要注意! 


栄養ドリンクにはいくつかの種類があり、その目的も異なります。
多くは「疲労回復」を期待するものですが、
美容成分が含まれる女性向けや眠気覚ましなども人気のようです。
栄養ドリンクの正しい使い方を覚えておきましょう。


目的は違っても、栄養ドリンクに含まれる主成分は、糖分とカフェイン。
どちらも血糖値をあげて興奮状態にし、一時的にエネルギーを上昇させる働きがあります。

疲労回復系のドリンクには、ビタミンB1やビタミンB3、タウリンといったビタミン類が含まれていますが、
実はこれ、糖分を代謝させるために使われるもの。
エネルギーを素早く作りだすためには欠かせないものですが、ビタミン補充を目的にするものではありません。

つまり、栄養ドリンクはあくまでも「一時的な効果」を期待するもの。
疲れているけれど、どうしても今すぐやらなければいけないことがある、というときに利用しましょう。

疲れがたまっているからといって、毎日栄養ドリンクを飲んでしまうと、
今度は不調の原因になってしまいます。
カフェインを摂りすぎると、胃腸が荒れがちになり、
消化吸収が悪くなってしまったり免疫力の低下につながる可能性もあるのだとか。
また、少量であっても糖分の多いドリンクを飲み続ければ、肥満の原因にもつながります。

さらに注意したいのが、飲み合わせです。
例えば、風邪薬と栄養ドリンクの併用。
どちらも血管を拡張する作用があるため、頭痛の原因となります。
また、栄養ドリンクにはアルコールを含むものもあるため、薬と同時に飲むのは控えたほうがよさそうです。


栄養ドリンクは、一瞬のエナジー回復の手段。
飲み続ければ、耐性がついて効かなくなってしまうことも考えられるので、
適度な量と回数で服用するように注意したいです。
関連記事


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/10/16 20:12 ] 健康 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。