美と健康~アラサーから綺麗を磨く~

30歳を過ぎてからでも綺麗で健康な身体をつくるための実践している方法やお役立ち情報を発信します。

スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

効果が出にくいダイエット

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

「ダイエットを頑張っているのに全然痩せない!」ということはありませんか?

ダイエットをしていてなかなか効果があらわれないと、
途中で投げ出したくなりますよね。

もしかしたらそれは、間違った方法で実践しているのかもしれません。
一度ダイエット方法を見直してみましょう。
しっかりと結果が出るダイエットならば“やり甲斐”が生まれ、どんどん続けたくなりますよ。

今回は効果が出にくいダイエット方法をご紹介します。


低カロリーフードの食べ過ぎ
カロリー摂取量を減らせば痩せると思って、低カロリーのものだけを食べていませんか?
特に、サラダや生野菜などを食べてビタミンやミネラルを摂取するローフードダイエットが人気のようです。

しかし、なかにはカラダを冷やすものがあることから、冷え症を招き代謝を低下させることがあります。
確かに低カロリーフードを食べ続けると一時的に体重は減るかもしれませんが、
代謝が低くなることから痩せにくく、太りやすい体を作るようになります。

また太るからといってたんぱく質を摂らないのはNG。
たんぱく質は筋肉を使ったり体の組織づくりで使われたりと大切な栄養素です。

低カロリーフードだけを食べるのではなく、栄養バランスがとれた食事を食べるようにしましょう。


過酷な運動
消費カロリーを減らすために苦し過ぎる運動を無理に行っていませんか?
例えばジョギングは、消費カロリーを上げて筋肉量を増やすので、非常に効果的なダイエットです。

しかし、もう嫌だという気持ちを押し殺してまで、過酷なトレーニングをするのはオススメできません。

ストレスホルモンの「コルチゾール」を分泌して、
「成長ホルモンの分泌を妨げる・満腹中枢の働きを鈍くする」などの症状を生み、
痩せにくい原因を作り出しているかもしれません。

しかも、激しい運動ならばお腹がすくのは当たり前。
消費した分、食欲が生まれていることも忘れないようにしましょう。


美味しくないダイエット食
手軽に食事ダイエットができるダイエット食。

しかし「痩せるために」と食べているものが、
本人にとって「美味しくないダイエット食」なことはありませんか?

痩せ効果が一時的に出たとしても、すぐにその効果はストップしてしまうかもしれません。

何故ならば、「美味しくない」と感じることで、痩せにくいカラダをつくるストレスホルモンの分泌を促進するほか、
満足できないために、食欲を増進するホルモン「グレリン」を分泌し続けている可能性が高いのです。
無理なガマンはしないようにしてください。


カロリー&糖質だけの制限
単純に、カロリーや糖質だけの制限を考えると、
「カロリーオフ」や「糖質オフ」という言葉だけを鵜呑みにして食品を選んでしまうことになります。
つまり、カロリーや糖質さえ低ければ、栄養価が低くてもお構いなしということ。

栄養価が低い食品ばかり食べてもカラダには十分な栄養素が行きわたらず、
結局、「もっと食べ物をくれ」とカラダが欲求してしまうのです。

栄養素がしっかりと整った、カロリー&糖質控えめの食事を摂ることが有効です。



今回は効果が出にくいダイエットをご紹介しました。
間違ったダイエット方法は結果が出ないだけでなく、
体にも悪影響を及ぼしてしまいます。
ぜひ参考にしてダイエットを成功させてくださいね。
関連記事


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/11/07 20:06 ] ダイエット | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。