美と健康~アラサーから綺麗を磨く~

30歳を過ぎてからでも綺麗で健康な身体をつくるための実践している方法やお役立ち情報を発信します。

スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「食べても食べてもお腹がすく」理由と解消方法

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

「あぁ、お腹が空いた…」。
さっき食べたばかりなのに、もうお腹が空いちゃったという経験はあるはず。

このように体はニセの空腹を生み出し、食欲を生み出してしまいます。
つまり食欲をコントロールすることでダイエットをすることができますよ。

そこで今回は空腹がなぜ生まれるのか、
そして食欲をコントロールしてダイエットする方法をご紹介します。


原因
ストレスが溜まると空腹になる
ストレスがたくさん溜まると、ついドカ食いに走ってしまいませんか?

それは脳が食欲を生み出しているせい。
脳はストレスを感じると、ストレスを解消させるために「食べたい!」という信号を出します。
そのためお腹が空いていないはずなのに、
何かを食べたいという欲求が高くなり、ドカ食いに走ってしまうのです。

しかも食べている間「幸せ」と感じていると、
脳はそれを記憶してしまうためドカ食いをやめられなくなってしまいます。
ストレスを溜めないことが一番ですが、食べる以外の事に発散させることが大切ですよ。


糖質多めのものを食べると空腹になる
「さっき丼ものをお腹いっぱいに食べたのに、もうお腹が減った」なんて経験はありませんか?
それは体の血糖値のせいで生み出されています。

そもそも私たちは空腹になると血糖値が下がることから「お腹が空いた」と感じるようになります。
そして何かを食べると血糖値を上げ、満腹を感じるようになるのです。

しかし、炭水化物や砂糖が多く含まれたお菓子を食べると血糖値を急激に上げてしまい、
インスリンというホルモンが多く分泌されてしまいます。

インスリンは急上昇した血糖値を下げる働きがあるため、再び空腹を生み出すことになってしまうのです。
さらにインスリンは糖を体の脂肪に溜め込む性質を持っているため、
血糖値を急上昇させないような食事をとるようにしましょう。


解消方法
ガムを噛んでごまかす
どうしても何か食べたいという時におすすめなのがガムです。
噛むことで脳を活発化するといわれてますし、唾液の分泌がアップし口臭ケアに役立ちます。

一度食べれば時間をかけて噛むことになるので、食欲を抑えることができます。
食べるときはシュガーレスタイプのものを選ぶようにしましょう。

歯磨きをしてみる
口が寂しくなって何か食べたいと感じたら、歯磨きで口をスッキリさせましょう。
歯磨きに集中しているうちに食欲があったことを忘れてしまいますし、
口の中がさっぱりするので汚したくないという気持ちが働きます。

お腹が空いた時だけでなく、気分転換の方法としてもおすすめです。
歯をきれいにしていくうちにステインのつく食べ物や飲み物を避けるようになるなど、
美的感覚も研ぎ澄まされていきますよ。

趣味のものに没頭する
お腹が空いたと感じたら、食べるのではなく、趣味のものに没頭するようにしましょう。
好きなものに集中することで、アドレナリンが分泌され空腹感を忘れさせてくれますよ。

また軽く運動をするのもオススメ。
ストレッチやウォーキングなど、ダイエットしながら空腹を紛らわせていきましょう。


空腹によるつまみ食いや間食、ドカ食いを防ぐことで無駄なカロリーを摂取せずにダイエットすることができます。
ぜひ参考にしてムダ食いをなくしてくださいね。
関連記事


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/11/10 20:03 ] 食事 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。