美と健康~アラサーから綺麗を磨く~

30歳を過ぎてからでも綺麗で健康な身体をつくるための実践している方法やお役立ち情報を発信します。

スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

太りやすい体のつくり方

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

いろいろなダイエットを試しているけれど、なかなか結果が出ない。
もしかしたらそれは、知らず知らずのうちに太りやすい生活をしているからなのかもしれません。

一時的に理想の体重や体型になれたとしてもすぐに元通りになっていませんか?
どんなにダイエットを頑張っていても
「太りやすい体をつくる」生活を続けていると体重が元に戻ってしまいます。

今回は太りやすい体のつくり方をご紹介します。


好きなものばかりの食事内容
誰しも好き嫌いはあるものですが、
嫌いなものだから食べない、好きなものだけを食べる
といった生活をしていませんか?

偏った食事を続けていると、
脳が「体が栄養不足だ!もっと栄養を取るために食べさせろ!」と空腹感を生み出し、
脂肪を溜めこむようになります。

他にも、単品ダイエットだったり、置き換えダイエットだったりとダイエットをしているときでも当てはまります。
偏食せずバランスの良いメニューを3食食べるようにしたいですね。


よく噛んでいない
「時間がなくて噛まずに飲み込む」という行動は現代人によくありがちですが、
これも体が太りやすくなる原因になります。

また早食いも急激な血糖値の上昇をおこし、
それを下げる役割のインスリンが過剰に分泌されてしまい、
摂取した糖が脂肪に変わる量が多くなります。

噛むという動作は脳を刺激し食欲を抑制するヒスタミンという物質を分泌するのに必要であるため、
ゆっくりよく噛んで食べるという事が重要になるのです。

1口に30回程度を目安に食べるようにすると良いです。


ながら食い
テレビ、パソコン、スマホなど意識が一方に集中してしまう状況での食事やおやつなどは、
ついつい食べ過ぎてしまったり気付かないうちに摂取カロリーが多くなっていたりする事があります。

また咀嚼回数も減ってしまうため満腹感が得られなくなり、
ご飯を食べたはずなのに「お腹いっぱいじゃない」、「もう少し食べたいな」という欲が出てしまうのです。

食事の時間は食事の時間ときっちり分けることが重要です。


寝る直前の夜食
活動量が一気に減る夜は、基礎代謝量も下がるため
多くのエネルギーを摂り過ぎると当然太りやすくなってしまいます。

特に寝る直前に食べることは、胃の中に食事が残っている状態が長く続くため、
寝つきが悪くなり睡眠不足に繋がります。

さらに睡眠不足はグレリンと呼ばれる食欲を増進させるホルモンが増加するため、
炭水化物の多い食べ物が欲しくなります。

そのため寝る前や遅い時間の食事は避けるべきなのです


体は変わっていないと思い込んでいる
見た目に変化があまり感じられなくても人の体は徐々に老化していきます。

そのため数年前と変わらない食事内容、生活を送っていたとしても、
それが今の自分に必要であるかということも変化していくのです。

年齢に見合った食事内容になるよう定期的に確認、適度な運動を心掛けるとよいでしょう。


今回は太りやすい体のつくり方をご紹介しました。

5つの悪習慣のどれかひとつでも心当たりがある場合は、
これを機に自分の生活を見直してみるのがオススメ。
どれも意識して自分の行動を変える事で改善できる事ばかりです。

ぜひ参考にして太りやすい生活習慣を見直すようにしましょう。
関連記事


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/11/15 20:03 ] ダイエット | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。