美と健康~アラサーから綺麗を磨く~

30歳を過ぎてからでも綺麗で健康な身体をつくるための実践している方法やお役立ち情報を発信します。

スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

免疫力をUPする食べ物

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

寒くなって、風邪やインフルエンザが流行る季節になりました。
冬は、気温も湿度も低いため、ウィルスが活発に活動しやすい季節です。
年末の忙しい季節に風邪で寝込んでいる暇はないです。
免疫力をUPする食べ物を取り、ウィルスに強い身体を作りましょう。


■免疫力UPに!おすすめの食べ物
赤パプリカ
美肌ビタミンとして有名な「ビタミンC」は、活性酸素を除去して細胞をダメージから守り、
白血球の働きを高めて免疫力をUPさせる働きがあります。

赤パプリカには、レモン果汁の3倍以上のビタミンCが含まれるといわれ、
約1/3個で1日に必要量を摂ることができるのだとか。
ただし、ビタミンCは、身体に貯蔵できる量が決まっていますから、
一度にたくさんではなく、こまめに摂るようにしましょう。


山芋
山芋のネバネバ成分「ムチン」は、粘膜を保護する働きがあり、
鼻や喉などの粘膜を保護して、ウィルスの侵入を防ぐ効果が期待できます。

また、身体の免疫細胞の約6割が集中している腸の粘膜を保護する働きもあり、免疫力UPに繋がります。
ただしムチンは、加熱すると山芋から流れ出てしまう性質があるため、生のまま食べるのがベスト。
ネバネバが苦手な方は、お味噌汁に入れたり、ご飯と一緒に炊くなど、汁ごといただける食べ方がおすすめです。



柿もビタミンCが豊富なフルーツ。
また柿の皮には「β―クリプトサンチン」と呼ばれるカロテノイドが含まれています。
この成分には免疫力を高める働きがあり、その効果は「β―カロテン」の約5倍とも言われているほど。

さらに、渋み成分の「タンニン」は、インフルエンザウィルスなど、
12種類のウィルスを不活化する働きがあることがわかっています。
タンニンも、皮に多く含まれる成分ですから、柿はよく洗って皮ごと食べると良いでしょう。


寒さもこれからだんだんと厳しくなってきます。
食事から免疫力を高めて、元気に冬を乗り切りたいですね。
関連記事


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/11/24 20:04 ] 食事 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。