美と健康~アラサーから綺麗を磨く~

30歳を過ぎてからでも綺麗で健康な身体をつくるための実践している方法やお役立ち情報を発信します。

スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

寝不足が招くデブの素

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

子供はしっかり寝ることで育ちますが、大人の場合はちょっと事情が違うようです。

一般的に、大人が取るべき十分な睡眠時間とは7時間が目安だといわれています。
7時間を大きく下回った場合、どんな影響が現れてくるのでしょうか?
また逆にしっかりと睡眠時間を取ると、どんな変化があるのでしょうか?

今回は、私たちが寝ている間、体や脳で起こっている現象を探ってみました。


寝不足は暴飲暴食を招く
睡眠不足になると、食欲抑制ホルモンである「レプチン」の分泌が減ってしまうという調査結果が出ています。

レプチンは、自分の意思とは関係なく、
食べても食べても、まだ物足りないという「暴飲暴食」を招くタネとなる厄介な存在です。


寝不足は高脂肪・高炭水化物を欲する
寝不足はさらに、食欲増進ホルモンの「グレリン」を増やしてしまいます。
レプチンの影響で食欲を止められないところへ、
グレリンがもっとしっかりこってりしたものを食べるように働きかけてきます。

夜更かしをしていると、ラーメンやポテトチップス、甘いものなどを食べたくなるのは、そのせいだったのです。


寝不足でインスリンが脂肪蓄積モードに
寝不足が続くと、インスリンが持つ「生命維持」スイッチが入り、脂肪を蓄積しようと働き始めます。
「暴飲暴食」で「しっかりこってり」を食べてしまった体でこのスイッチが入るのを想像すると、ぞっとしますね。


眠りが浅いと脂肪が燃焼されない
睡眠中に分泌される成長ホルモンは、脂肪を分解・燃焼させる働きを持っています。
さらに、肌のターンオーバーに大きな影響を与えることも知られています。

この成長ホルモン、眠りが浅いと十分に分泌されません。
安定した長さ・深さの眠りは女子にとって、ダイエットスリープであり、
ビューティースリープでもあるのです。


起きている時間が長い=空腹になる
難しい理屈はなくても体感できることもあります。
長く起きているからといって、活発に活動しているでしょうか?
ゲームをしたりで寝不足になる場合は、ほとんどカロリーを消費しないのに、
時間に合わせてお腹だけは空いてしまい、食べ過ぎて太ってしまいます。

昼間も夜も働きづめで寝る時間がないという寝不足であれば体重は減りそうですが、
でもそれは、スッキリではなくゲッソリですね。


寝ないより寝る方が、体自身が痩せやすい方向へと向かっていくことが分かりますね。
7時間以上寝ている女子は、7時間以下の女子よりも痩せやすく、
美肌の持ち主となれる可能性が高いわけです。
関連記事


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/11/30 20:04 ] ダイエット | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。