美と健康~アラサーから綺麗を磨く~

30歳を過ぎてからでも綺麗で健康な身体をつくるための実践している方法やお役立ち情報を発信します。

スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

眼科医が警告「目を危険にさらすNG習慣」

ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ

目を大事にしてますか?

パソコンやスマホの長時間使用で目を酷使しやすい現代人ですが、
実は何気ない行動でさらに目に負担をかけてしまっている人も多いようです。

そこで今回は目に悪影響を及ぼすNG生活習慣4つを紹介したいと思います。


お風呂はシャワーだけで済ませる
忙しい、面倒だからといって、お風呂をシャワーだけで済ませていませんか? 
疲れをとるためにも目のためにも、湯船のお湯につかってしっかり入浴しましょう。

お湯につかると筋肉の緊張がとけ、目のコリもやわらぐとのことです。
さらに水圧のマッサージ効果で新陳代謝が活発になり、ドライアイが潤う効果も期待できるといいます。

カラスの行水ではあまり意味がないので、
ぜひ34度から40度未満のぬるま湯に20~30分ゆっくりつかるようにしましょう。


エアコンに長時間当たっている
家庭やオフィスで暖房を使用する時期になってきましたが、
エアコンのせいで室内がカラカラに乾燥していないでしょうか?
疲れ目やドライアイの人にとって乾燥は目の大敵です。

また、加湿器などで室内の湿度は調整していても、
エアコンの風が直接目に当たっていると目は乾燥しやすくなります。

エアコンが汚れていると、さらに危険で、
空気中にアレルギー物質がまき散らされて、
それが原因で結膜炎になった患者さんもいるほどなのだとか。
きちんとエアコン掃除するとともに、風が直接目に当たらないよう風向きにも注意しましょう。


アイメークが濃い
目元の印象をよくするアイメークですが、やりすぎると目に悪影響を及ぼすおそれも。

マスカラやアイシャドウを目の際までつけると、油分を出す“マイボーム腺”が詰まってしまい、
油分が滞ることでドライアイになったり、目の炎症が起こりやすくなったりするそうです。

せっかくアイメークしても、目が充血していては台無し。
アイメークは薄めにし、メーク落としも入念に行いましょう。


電車内でスマホを使用する
ゲームで遊んだりメールをチェックしたりなど、電車内でスマホを利用している方は多いことでしょう。
でも、移動中のスキマ時間でさえスマホ画面に釘付けでは、目の休まるヒマがありません。

電車内ではスマホは使わずに、窓の外の景色を眺めるようにしましょう。
もし、地下鉄で景色が見えないならば、車内広告を見たりまわりの乗客を観察したりしてもOKです。

スキマ時間にはなるべく手元から目を離して、目に負担をかけないようにしましょう。


以上、目に悪影響を及ぼすNG生活習慣4つを紹介しましたがいかがでしたか? 
目の健康を保つために、心当たりのある人はぜひこれらの悪習慣を改めてください。
関連記事


ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい

人気ブログランキングへ
[ 2015/12/10 20:20 ] 健康 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。